MENU

女の子が欲しい!産み分けは産婦人科でしかできないの?

女の子が欲しい!
心からそう願っても、男の子と女の子が生まれる確率は、ほぼ50%づつです。

 

でも、このサイトを訪れた方は知っていますよね。
男の子と女の子の産み分けはできるってことを。

 

実際、妊活の一環で産み分けを指導する産婦人科のクリニックが増えてきています。
赤ちゃんの希望の性別を求める夫婦が、産み分けの指導を産婦人科の病院で受けられるのは、とてもありがたいことです。

 

しかし、産婦人科で産み分けを行うと、費用が問題になります。
産み分けは保険の適用外となるので、医療費は全額負担しなればいけません。

 

もっとも一般的なシリンジ法(スポイト法)と呼ばれるピンクゼリーを使った産み分けだと、処方されたピンクゼリーの本数によって変わってきますが、産婦人科では最低5万円の負担が一般的な相場です。

 

それが、産婦人科と同じ効果を得ることができ、もっとリーズナブルに産み分けできる方法があります。
ピンクゼリーは通販で手に入れることができるんです(*^^)v

産み分けの仕組みと確率は?

ここで簡単に産み分けの仕組みを説明しておきましょう。

 

精子には「X精子」と「Y精子」2種類があります。

 

そして、X精子が受精すると女の子にY精子が受精する男の子になるんです。

 

X精子とY精子

 

X精子は「酸性に強い」Y精子は「アルカリ性に強い」という特徴があります。

 

このPH値への耐性を利用したのが産み分けです。

 

性行為中の膣内を酸性に寄せることで、女の子の産み分けの成功率をあげることができる。

 

そこで開発されたのが「ピンクゼリー」、注射器というかスポイトのような形をした産み分け専用器具。

 

その「ピンクゼリー」を性行為の前に膣内に挿入することで、膣内環境を酸性に寄せることができるんです。

 

膣内を酸性にすると、酸性に強いX精子が一念発起して活動が活発になります。逆にY精子には住みにくい環境に。

 

その結果、X精子が受精して女の子を妊娠する。というのがピンクゼリーの産み分けの原理です。

 

 

では、気になる産み分けの成功率はどうなっているのでしょうか?

 

 

産み分けの確率

 

 

残念ながら100%ではありません。

 

でも、何も対策をしないとと50%、ピンクゼリーを使うと産み分けの成功率は80%、可能性は十分に高い、使ってみる価値はありますよね。

ピンクゼリーは通販で購入可能?

ピンクゼリーは通販で購入可能?

ピンクゼリーは通販で簡単に購入できます。
簡単に購入できますが、もっとも大切なことは安全に女の子を妊娠し出産することです。

 

調べた結果、現在、通販で購入できる産み分けゼリーは海外産をはずして安心の国産を選ぶと3種類。

 

3つのうち、管理医療機器の認定を受けているのはジュンビーのピンクゼリーだけです。

 

※管理医療機器とは「体内で使用できる」と厚生労働省の認可を受けた医療機器になります。

 

なので、自信をもって安心してオススメできるのは、産婦人科医と共同開発したJunbie(ジュンビー)のピンクゼリーしかありません。

 

公式サイトでジュンビーが販売するピンクゼリーをチェックしてみてください。

 

>>ジュンビーのピンクゼリーの公式サイトはコチラをタップ!


ジュンビーのピンクゼリーの使い方は?

ピンクゼリーは、性交渉を行う直前に膣内に容器を挿入し、ピストンを押してジェルを注入して使用します。

 

膣内に入れるということで不安を感じる方もいるでしょう。

 

しかし、ジュンビーのピンクゼリーは、そんな不安を取り除くために容器の形状にこだわり、スムーズに使用できるように特許を取得しています。

 

なので、実際使用してみて「思ったよりも不安なく使用できた」「こんなに簡単ならもっと早く使えばよかった」など、安心の口コミが寄せられています。

 

ジュンビーのピンクゼリーの使い方をわかりやすく図解で解説しますね。

 

ピンクゼリーの使用法

気になるジュンビーのピンクゼリーの副作用は?

気になるピンクゼリーの副作用は?

気になるジュンビーのピンクゼリーの副作用についても説明しておきます。

 

まず知ってほしいのが、ジュンビーのピンクゼリーは「管理医療機器」の認証を受けているという事実。

 

管理医療機器は厚生労働省が指定した第三者機関の審査・認証を受けています。

 

管理医療機器の認証を受けたということは、安全性が高く体内への使用を認められたということです。

 

ジュンビーのピンクゼリーは、人体に含まれている成分を使用し、安全面・品質にはとことんこだわって製造されています。

 

今まで問題があったという報告は一切ありませんので、安心して使用してくださいね。


通販で買えるピンクゼリーを徹底比較!

現在、通販で購入できる日本産のピンクゼリーは3種類です。

 

3種類の産み分けゼリーを、わかりやすく表にして比較してみましょう。

 

商品名

ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーゼリー
 

10926

区 分

管理医療機器

雑 貨

雑 貨

生産国

日 本

日 本

日 本

容器素材

PP(ポリプロピレン)

ABS(合成樹脂)

ABS(合成樹脂)

価格 単品購入

14,800円

1本あたり 1,480円

13,800円

1本あたり 1,971円

12,800円

1本あたり 1,828円

価格 2箱セット

26,600円

1本あたり 1,330円

22,080円

1本あたり 1,577円

23,040円

1本あたり 1,480円

価格 3箱セット

38,400円

1本あたり 1,280円

28,980円

1本あたり 1,380円

32,640円

1本あたり 1,554円

特典 2箱セット

返金保証

葉酸サプリ1袋

返金保証

デリケートサプリ1袋

特典 3箱セット

返金保証

葉酸サプリ2袋

返金保証

デリケートサプリ1袋

返金保証の内容

1箱10,000円で買い取り

1本1,000円で買い取り

 

こうやって並べてみると3つの商品の違いがよくわかりますね。

 

注目は商品区分が厚生労働省がお墨付きを出した管理医療機器か雑貨かの衛生面での違いです。

 

管理医療機器は体内使用が認められていますが、雑貨は体内使用が認められていません。(使用は自己責任になります。

 

また1箱当たりの価格は、ジュンビーのピンクゼリーが一番高くなっています。

 

しかし1セット、2セット、3セットあたりの値段は高いんですが、1箱10本入りと7本入りの違いで、実はジュンビーのピンクゼリーが一番コスパはいいんです。

 

安全性が高くコストパフォーマンスがいい

 

ジュンビーのピンクゼリーを一押しする理由は明白ですね(''ω'')ノ

 

 

産婦人科のピンクゼリーと比較

 

では、産婦人科で処方されるピンクゼリーとジュンビーのピンクゼリーに違いはあるのでしょうか?

 

これもわかりやすく表にしてみました。

 

比較したのは、産み分け治療で有名な杉山産婦人科のピンクゼリーです。

 

  ジュンビーのピンクゼリー 杉山産婦人科のピンクゼリー
販売会社

ジュンビー株式会社

株式会社RR杉山

区 分

管理医療機器

管理医療機器

生産国

日 本

日 本

湯 煎

湯煎不要(そのまま使える)

湯煎必要(温めないと使えない)

容 器

1回ごとに使い捨て

中身を入替えて使いまわし

価 格

14,800円

10,000円(登録料別途5,000円)

回 数

10回分

5回分

コスパ

1回あたり1,480円

1回あたり3,000円

特 典

まとめ買いで割引

2個以上購入で葉酸サプリ付

返金保証(1箱10,000円)

なし

 

さすがに杉山産婦人科のピンクゼリーも管理医療機器ですね。

 

でも、ほとんどの項目でジュンビーのピンクゼリーが勝ってます。

 

私がもっとも注目したのは、ジュンビーのピンクゼリーは湯煎が不要で1回ごとに使い捨てというところです。

 

対して、産婦人科のピンクゼリーは1回使用するごとに温めが必要、容器は毎回一緒で1回使用するごとに中身を入れ替えなければいけない・・・

 

これは、使い勝手が非常に悪いと感じました。

 

また、コスパもジュンビーのピンクゼリーが圧倒してますね♪

 

ジュンビーのピンクゼリーをお得に購入するポイント

ピンクゼリーをお得に購入

ここで、ジュンビーのピンクゼリーをお得に購入するポイントを紹介しておきます。

 

それは、2箱セットを購入するということ

 

2箱セットだと

  • 3,000円OFF
  • 送料無料
  • 代引手数料無料
  • 葉酸サプリが1個ついてくる!
  • 1箱でめでたく妊娠すれば、あまった1箱は10,000円で買い取り!

 

とくにジュンビー葉酸サプリ(定価4,980円)がついてくるのがお値打ちです。

 

葉酸は出産のためには欠かせない栄養素。

 

そして厚生労働省では、妊娠1ヶ月前から葉酸を摂取することを推奨しているんです。>

 

まさに女の子の妊娠を希望しているママにぴったりの特典ですね!(^^)!

 

また、1箱でめでたく妊娠したら、あまった1箱は10,000円で買い取ってくれる「おめでたキャッシュバック」もうれしい心遣いです。

 

購入するなら2箱で決まりですね♪

 

 

 

 

排卵日を正確に知る方法

 

ジュンビーのピンクゼリーを使っても、排卵日を正確に把握していなければ産み分けの成功率は下がります。産婦人科の病院で、超音波検査やホルモン検査をするのが正確ですが費用がちょっと…自分で排卵日を正確に知るにはどうすればいいのでしょうか?

 

基礎体温を測る

 

もっとも一般的に広く知られている方法です。オギノ式って聞いたことありますよね。

 

やり方は、毎日決まった時間(早朝がベスト)に体温を測って記録を取る。

 

すると、普通は2週間(14日)周期で低温気、高温期を繰り返します。注目は低温期から高温期に変わりめにガクッと体温が落ちる日。この体温陥落日が排卵日です。

 

排卵検査薬を使用する

 

排卵をうながす黄体形成ホルモンというホルモンがあります。黄体形成ホルモンはLHと呼ばれ、大量に放出される状態が「LHサージ」です。LHサージは排卵日の15〜24時間前に分泌のピークを迎えます。その仕組みを利用したのが排卵検査薬です。

 

使用法ですが、尿を排卵検査薬にかけて反応を見ます。陽性反応の強さによって排卵日までの時間が測定できる仕組みになっています。種類がいくつかあるので、薬局の薬剤師に相談して自分に合ったものを使用するようにしてくださいね。

 

子宮頸管粘液の量と状態で排卵日を予測する

 

子宮頸管粘液は「おりもの」と呼ばれるものです。おりものは膣と子宮をつなぐ子宮頚管から分泌され、排卵期に分泌量が増加したり粘度が増します。毎日おりものの状態を調べていると、量や粘度の変化が把握でき排卵日を予測することができます。


ジュンビーのピンクゼリーの特徴

ジュンビーのピンクゼリー

 

ジュンビーのピンクゼリーの特徴をあげますので購入の参考にしてくださいね。

 

まず、販売会社のジュンビーという会社紹介から順番に

 

ピンクゼリーの販売会社について

 

「ピンクゼリー」を販売している会社は、『ジュンビー株式会社』という会社です。

 

ジュンビー株式会社は妊活、妊娠、出産、産後に特化した製品を販売する「ベビ待ちサポート専門会社」

 

子育て中のママや妊活経験のある女性スタッフが運営しているので、ベビ待ちママの気持ちに寄り添った商品を開発しています。

 

主な商品は、
・「ママジュンビー」 婚活サプリ
・「ジュンビー葉酸サプリ」 葉酸サプリ(ピンクゼリーをセット買いすると、もれなくついてきます)
・「ピンクゼリー」 産み分けゼリー
などです。

 

ピンクゼリーの成分

 

ピンクゼリーの成分は

 

・精製水
・グリセリン
・ヒドロキシエチルセルロース
・乳酸
・クエン酸ナトリウム
・パラオン安息香酸メチル
・エデト酸ニナトリウム
・ヒアルロン酸ナトリウム

 

すべて母子に影響がない成分です。
産み分け以外にも性別特有の遺伝疾患を避けるために積極的に使用されているので安心。
品質にはとことんこだわりぬいています。

 

ピンクゼリー購入者の声(口コミ)

 

 

産婦人科医との共同開発だし、ベビ待ちサポート専門会社の商品だったので選びました。何より安心感が購入の決め手になりました。

 

りおママ

 

 

私が母と仲良しで、一緒に旅行に行ったりオシャレを楽しんでいるので自分も子供と同じ事をするのが夢です♪

 

moka

 

 

使い心地が不安でしたが思ってたより違和感なく使えました。こんなに簡単ならもっと早くから使えばよかったです。

 

匿名ママ

 

 

管理医療機器であったり特許取得だったりと、心配性な私の不安をすべて解決してくれた商品で大満足です。

 

りっくんママ

 

 

ジュンビーのピンクゼリー購入ボタン

 

http://pink-jelly.jp/

 


女の子が生まれやすいセックス

参考までに、女の子が生まれやすい性交渉のポイントをまとめておきます。少しでも女の子を産み分ける確率が上がる方がいいですよね。

・排卵日の2日前に性交する。
X精子はY精子にくらべて寿命が長いのが特徴です。Y精子が死ぬ1日以降の受精を目指しましょう。

 

・刺激の少ない淡泊なセックスを
女性がオルガスムスを感じると、アルカリ性の粘液が分泌されます。なるべく感じないように、短時間で淡泊なセックスが膣内を酸性に保ちます。

 

・普段から精液を薄く
精子の数が増えるとY精子の割合が高くなります。目標は3日に1回、せめて1週間に1回は射精しておくように、お父さんに勧めてください。

 

・お父さんの下着はブリーフやボクサーパンツ。トランクスはNG
Y精子は熱に弱い性質があります。普段からブリーフやボクサーパンツを着用して睾丸を温め熱がこもるようにしてください。

 

・挿入は浅く
これも感度を抑えるため。前座位、後側位、側臥位がおススメです。

 

 

産み分けを実践しない方がいいママ

 

女の子が欲しいを言う気持ちはわかります。しかし、産み分けを実践しない方がいい場合もあります。

 

産み分けは精子の種類を選別して女の子を生む確率をあげる方法です。

 

つまり、自然に妊活するよりも妊娠の確率が下がるということを意味します。

 

まず、子供が欲しいを優先したい方は産み分けをオススメしません。

 

特に不妊治療をしている方は、まず子供を授かる事を重視してください。

 

また、まだ妊娠したことがない夫婦は、そもそも子供ができやすい、できにくいの判断ができません。産み分けは二人目からをおすすめします。

 

高齢の方も産み分けよりもまず妊娠です。男性も女性も歳をかさねるごとに妊娠へのハードルが高くなります。

 

 

 

産み分けゼリー以外の産み分け法

産み分けゼリー以外の産み分け法

 

産み分けゼリー以外の産み分け法についても触れておきます。こうやって並べてみると、やっぱりピンクゼリーが一番♪が正直な感想です。ピンクゼリーと併用できる方法もあるので、取り入れてみてもいいかもしれませんね。

 

パーコール法

 

パーコール法は人工授精により産み分ける方法で、自然妊娠が不可能な場合にのみ選択できる産み分けの方法です。パーコール液という液体のなかに精子を入れて遠心分離器にかけてX精子とY精子を分離させて人工授精を行います。

 

2006年4月までは安全性が確認できていないリスクが高いとの理由で、遺伝子疾患のような特殊な事情や障害がある場合以外は認められていませんでした。また、遠心分離器では100%分離できないと言われており、完璧な産み分けができるわけではありません。

 

 

中国式カレンダー

 

これは、中国で約700年前に生み出された方法です。当時の科学者が王宮での出生記録を統計的にまとめました。その統計データを基に妊娠した女性の年齢と妊娠した月で、男の子が生まれるか女の子が生まれるかをカレンダーにしたのが中国式カレンダーです。

 

たとえば、○○歳の○月に受胎したら女の子みたいな感じです。現代でも中国では取り入れている医師がいるそうです。しかし、中国式産み分けカレンダーは「産み分け占い」とも呼ばれており、願掛けのひとつくらいの位置づけでいいかもしれませんね。

 

ライム洗浄(クエン酸洗浄)

 

ライムを搾った搾り汁を使い捨てのビデの中身(精製水)と入れ替えて膣内に流し込んだあと性行為を行うという産み分け法です。ライムじゃなくてレモンやお酢を使っても同じ効能があるみたいです。

 

この方法の産み分けの原理はピンクゼリーと一緒で、膣のなかを酸性にして女性を妊娠しやすい膣内環境にすることです。メリットは非常に安価でできること、デメリットは衛生面の不安があることですね。

 

 

 

まとめ

 

女の子が欲しい!そんなママにピンクゼリーや産み分けについていろいろと解説してきました。

 

「子供は授かりもの」とむかしから言われてますし、赤ちゃんを妊娠することは尊いことです。

 

そして、子供を育てることは大変ですがとても幸せな経験。

 

苦しいことも楽しいこともあとで振り返れば貴重な財産になります。

 

それは、男の子でも女の子でも同じこと。

 

しかし、そんな貴重なことと理解したうえで、できれば「女の子が欲しい」「女の子を育てたい」というママの気持ちもよくわかります。

 

いまは、「産み分け法」があるので、ママの願いをかなえることができる時代です。

 

そのなかでも「ジュンビーのピンクゼリー」は安全性が高く、成功する確率も高いオススメの方法です。

 

可愛い女の子を幸せいっぱいで育ててくださいね。

 

 

産み分けの確率


このページの先頭へ